国語の傾向と対策


【傾向】 大問6題構成に変化はないが,2年連続で出題されていた漢文の内容が出題されなかった。難易度は全大問に関して本文の内容が読み取りやすく,設問も易しかった。           【対策】 8割以上の得点を取るためには,現代文に頻出のテーマ(話題)の理解・蓄積を重ね,同時に語彙力を増やす取り組みが欠かせない。現代文以外の韻文・古文も早期に点の勉強を終え、入試問題レベルの文章で知識を正しく引き出す練習を多く重ねたい。