「ウサギとカメ」のお話は、

 

 カメの足が遅いのを、ウサギがバカにして笑いました。
「あなたは足が早くても、わたしの方が勝ちますよ」
と、カメが言いました。
 すると、ウサギは、
「そんな事を言ったって、口先だけだ。では、競争しよう? そうすれば、わかる」
と、言い、
「誰が場所を決めて、勝った者にほうびを出すのですか?」
と、カメは言いました。
「キツネが公平で利口だから、あれに頼もう」
と、ウサギは言いました。
 そこでキツネが、競争を始める合図をしました。
 たちまち、足の早いウサギがカメを引き離しました。
 しかし、カメはあきらめずに、休まず歩き続けました。

 ウサギは足が早いと思って安心しているものですから、途中で大きな木を見つけると、その木かげでひと休みしました。
 それからしばらくして、ウサギは起き上がりました。
あれ? 少し眠ってしまったか。・・・まあいい、どうせカメはまだ後ろにいるはず。あぁーあ」
 ウサギは大きくのびをすると、そのままゴールに向かいました。
「よーし、もうすぐゴールだ・・・と、・・・あれ?」
 自分が勝ったと思っていたのに、何とカメが先にゴールしていたのです。

 才能はあっても、いいかげんにやっていて駄目になる人はたくさんいます。
 また、才能はなくても、真面目で辛抱強い人は、才能がある人に勝つ事もあるのです。

 

というお話ですが・・・

 

ウサギが寝なければ、勝ったはずです。

 

さらに・・・

 

スタートが早ければ、ウサギが圧勝したはずです。

 

受験はスタートラインが決まっていない競争です。